介護の世界でキャリアアップ!

キャリアアップ成功のポイント

おすすめ記事: どんなポジションが目指せる?

介護業界でキャリアアップを成功させるポイント

介護業界でキャリアアップを成功させるポイント

介護業界は将来性が高い?!

そもそも、介護業界は将来性のある業界なのかどうかといった点について説明していきます。結論から言うと、介護業界は将来性のある業界です。というのも、日本の高齢化は急速にすすんでおり、それに伴って介護サービスの需要が非常に高まっているからです。多くの人材を必要としており、たとえ未経験でも採用してくれる事業所は多く存在します。また、資格を取得していくことでキャリアの証明が可能なので、これからの努力次第でキャリアアップが可能となっています。

自分が向かう方向を考える

キャリアアップに必要なのは、自分が向かう方向をしっかりと見定めることです。ここがブレてしまうと、せっかくの努力が無駄になってしまうかもしれません。施設長などのポジション以外にも、介護職にはキャリアアップの道がいくつか存在します。ただ、いずれにせよスキルアップは必須となるので、どの資格を取れば自分にとって一番メリットがあるのかを冷静に見極める必要があります。キャリアアップを考える際の基準について学んでいきましょう。

どんなポジションが目指せる?

介護職には様々なポジションがあります。そこでここでは、キャリアアップをしていくことによってどのようなポジションを目指すことができるのかを紹介していきます。まず、現場の司令塔として活躍する介護リーダーや介護主任が、キャリアアップの最初のステップと言えるでしょう。そこから経験を積み資格を取得することで、サービス提供責任者や生活相談員、ケアマネージャーといった仕事に就くことができます。いずれは施設長となって活躍することも夢ではありません。