介護の世界でキャリアアップ!

キャリアアップに役立つ資格

おすすめ記事: 求人数が充実している「きらケア」

役に立つ資格を取得しておく

主要な介護資格

キャリアアップを意識したときにまず取得しておきたいのが「介護福祉士実務者研修」です。これは、介護職の初級資格である介護職員初任者研修の上位にあたる資格で、これを取得することでサービス提供責任者にキャリアアップすることができます。また、たん吸引や一部の医療的ケアを提供することができるようになります。さらに上位の資格である介護福祉士を受験するためにはこの資格を持っている必要があるので、必ず取得しておきましょう。
次が、上記で少し触れた「介護福祉士」です。こちらは介護職で唯一の国家資格です。国家資格ということもあり取得難易度は高めですが、この資格を持っていれば大幅な待遇アップを見込めますし、転職にも有利に働きます。取得するためには、福祉系高校に通って取得を目指す方法、養成施設に通って取得を目指す方法、実務経験を積みながら取得を目指す方法の3つがあります。働きながら目指す場合は、介護福祉士実務者研修の取得と3年以上の実務経験を積んだうえで試験に合格する必要があります。また、民間資格ではありますが、介護福祉士の上位資格として「認定介護福祉士」というものがあります。介護福祉士よりもさらに幅広い知識や技術を必要とし、多様な状況に対応することができるスキルを証明する資格です。誕生してまだ間もない資格でそこまで取得者は多くないので、この資格を持っていれば他の職員との差別化を図ることができるでしょう。
「ケアマネージャー」もキャリアアップに役立つ資格です。ケアマネージャーは、介護を必要とする人の状況に応じて最適な介護サービスを提供するために必要なケアプランの作成をする仕事です。また、介護サービスの利用者が事業所に対して要望などがあった場合、その意見をケアマネージャーが代弁して事業所に伝えるといったパイプ役のような役割もあります。ケアマネージャーは専門性の高い資格のため長期の実務経験が必要ですが、その分需要が高くメリットの多い仕事です。

主要な介護資格

その他のおすすめ資格

主要資格ではありませんが、「レクリエーション介護士」を持っていると、レクリエーションを実施している介護施設で働く際に役立ちます。高齢者とのコミュニケーションスキルや、レクリエーションに関する知識と実行スキルが必要となります。認定講座を受講したうえで修了試験に合格することで取得が可能です。
「介護予防運動指導員」もおすすめの資格です。高齢者が生き生きと日々の暮らしを送れるように、運動を通した身体ケアを提供するためのスキルが身につきます。この資格を持っていることで介護リーダーを任される可能性もあります。

その他のおすすめ資格