介護の世界でキャリアアップ!

転職を成功に導くために情報収集をしよう

おすすめ記事: 【情報収集】が転職の成否を握る

【情報収集】が転職の成否を握る

情報収集の重要性

転職を成功させるためには事前の情報収集がカギとなります。自分の希望にマッチする求人があるにも関わらず情報収集が甘かったがゆえに見逃して希望とズレのある職場に転職してしまう、転職先のことをよく調べなかったせいで入職後に後悔してしまう、などといったことがないようにしましょう。情報収集の不足は間違いなく転職活動においてマイナスに働きます。以下に、どのようにすれば効果的に情報を集めることができるのかを紹介していきます。

情報収集の重要性

転職エージェントから得られる情報

転職エージェントは通常の求人情報以外にも様々な情報を得ることができます。例えば一般には公開していない非公開求人や、業界に精通したアドバイザーからの転職ノウハウ、転職先の内部情報などです。非公開求人とは、一般公開すると応募が殺到してしまうため、あえて非公開としている求人のことです。希望条件や求められるスキルがマッチした登録者のみに伝えられる求人なので、キャリアアップ転職を考える人は特に活用していきたいところです。転職ノウハウについては、インターネットで出てくる情報を参考にすることもできますが、それらはあくまで基本的な知識となります。転職エージェントが教えてくれる転職ノウハウは、登録者個々の状況に応じて提供してくれるので、より効果的な転職活動が可能となります。そして内部情報についてですが、転職エージェントは事業所側とつながりがあるので、普通だと知りえない情報を提供してくれますし、気になる点があれば代行して聞いてくれます。

転職エージェントから得られる情報

その他の収集手段

希望する転職先のホームページを事前に確認しておくことを忘れないようにしておきましょう。事業所の概要や運営方針、歴史、社会貢献の取り組み、業績など多くの情報を得ることができますし、これらの情報について面接の際に質問されることがあります。もしそこでうまく答えられなければ、下調べを怠った熱意のない応募者だと判断されてしまいますので、必ず調べて頭に入れておきましょう。
また、口コミサイトを利用するという手段もあります。事業所のホームページには、当然ながらネガティブな内容は記載されていません。逆に、口コミサイトはネガティブな情報が集まりやすい傾向にあるので、そういった情報を得ることで事前に心構えをしておくことができます。ただし、口コミはあくまで口コミなので、すべての情報を信用しないようにしましょう。基本的に書き込んだ人の主観で書かれているので、実際よりも過剰に悪く書かれている可能性があります。

その他の収集手段