介護の世界でキャリアアップ!

キャリアアップをして介護業界で活躍するために

おすすめ記事: 求人数が充実している「きらケア」

介護業界のキャリアアップについて

どのようなキャリアを目指すか

介護業界におけるキャリアアップについて、厚生労働省では介護人材のキャリアパス全体像という資料を公開しています。これには介護業界にこれから挑戦する人がまず目指すべきところや、介護福祉士取得後のキャリアルートなどが記されています。介護業界でキャリアアップを目指す場合、2つのルートが存在します。ひとつは施設長などのマネジメント職に就くこと、そしてもうひとつが認定介護福祉士などの専門的なスキルを持った介護のプロフェッショナルになることです。それぞれで必要な経験や資格が異なってきますので、しっかりと目標を定めたうえでキャリアアップを図っていく必要があります。

どのようなキャリアを目指すか

スキルアップも重要

キャリアアップと並んでよく耳にする言葉がスキルアップです。キャリアアップはその言葉通り自分のキャリアを上にあげることを指します。例えば、一般の介護職員から主任などのリーダー職に就き、いずれは施設の役員になる、といった具合に役職を上げていくことを意味します。そのためキャリアアップ転職というのは、前職よりも上位の役職に就くことを希望して転職をすることになります。一方スキルアップとは、自分の能力を上げることを指します。介護業務に必要な技術をつけるために現場で経験を積みつつ、勉強をして知識をつけて、資格を取得していくことです。
別の意味を持つ2つの言葉ではありますが、キャリアアップとスキルアップは密接に関係しています。キャリアアップをするためにはスキルアップが必須だからです。特に介護職は資格職となるので、資格を取得することで自身の能力を周りに証明することができます。そうすれば高いレベルの仕事を任せられるようになり、おのずと役職が上がっていくことになるのです。逆に言えば、スキルアップを怠ればいつまでも高いレベルの仕事を任せられることはなく、キャリアは停滞したままになります。キャリアアップ転職を望む介護職の多くは、すでに専門性の高い資格やスキルを保有しているにもかかわらず、現在の職場ではキャリアアップの見込みがないと判断して転職活動に踏み切るケースが多いようです。

スキルアップも重要

市場価値を高めるには

上述の通り、キャリアアップを目指すのであればスキルアップが必要です。さらに市場価値を高めたいのであれば、需要と供給のバランスを考え、ほかに取得している人が少なくて需要の高い資格を狙うといいでしょう。そうすることで市場価値の高い引く手あまたの人材になれるはずです。自身の価値を高めるためは、市場の動向を見計らいながら目指すキャリアを明確にし、スキルアップを図っていく必要があるということです。
当サイトでは、このような介護業界のキャリアアップについて役立つ情報を紹介していきます。当サイトへのご意見ご感想などありましたら、【こちら】までお願いいたします。

市場価値を高めるには